保護者の方へ
私立幼稚園の特徴
幼児期にふさわしい
体験を。
Experiences suitable for childhood

 幼稚園は、小学校・中学校などと同じく学校教育法に基づいて設置しており、子どもが初めて出会う学校です。
 私立幼稚園では、私立学校法に基づく特色を生かした教育が実践されています。
 幼児時期は、人格形成の基礎となる豊かな心情や物事に自分からかかわろうとする意欲、健全な生活を営むために必要な態度などが養われる時期と言われています。
 そうした大切な時期であることを踏まえ、幼児期に育つことが望ましい心情、意欲、態度などを主体的な興味や関心に基づいた直接的・具体的な体験を通して身につけていくのです。

私立幼稚園には、各市町村からの補助金を受けられる制度があります。
詳しくは、お住まいの市町村へお問い合わせください。

認定こども園の特徴
幼稚園と保育園、
両方の良いところを
併せ持った施設。
A facility that has both good points
 認定こども園は、幼稚園と保育所の機能を併せ持つ施設です。
 幼稚園及び保育所等における小学校就学前の子どもに対する教育及び保育並びに保護者に対する子育て支援を総合的に提供します。
施設の特色
Special feature
幼稚園は、満3歳から小学校就学の始期に達するまでの子どもが、遊びや生活を通して学び、義務教育及びその後の教育の基礎を培う、人生で初めて出会う学校です。幼児教育に従事する職員は、「幼稚園教諭免許状」を有しています。
認定こども園は、幼稚園と保育園の機能を併せ持つ施設です。
保護者の就労の有無にかかわらず、教育・保育を受けることができます。
認定こども園は、「幼保連携型」「幼稚園型」「保育所型」「地方裁量型」の4つの類型があります。
幼児教育・保育に従事する職員は、「幼稚園教諭免許状」及び「保育士資格」の両方、またはいずれかを有しています。
保護者の就労等に応じて、保育が必要なお子さまの保育を行う児童福祉施設です。0歳から小学校就学前までの子どもを預かり、健全な心身の発達を図り、就学前に必要な教育を実施します。保育に従事する職員は、「保育士資格」を有しています。
ガイドブック案内
Guide book

このガイドブックは市役所、役場、公共施設等や民間の施設に設置・配布されています。
一般市民の方に私立幼稚園・認定こども園の理解・認識を深めていただくために発行され、地区ごとに各幼稚園・認定こども園が わかりやすく紹介されています。
(最新版は、2019年度版を平成30年6月に発行しています。)

「デジタルガイドブック」をご覧になりたい方は、 こちら 

入手できない場合は
公益社団法人山形県私立幼稚園・認定こども園協会事務局にご連絡ください。
〒990-0023 山形県山形市松波4-6-11 
山形県私学会館
TEL:023-641-2323